管理人 iko

20代×独身女性×自信をつけたい人
ネガティブ思考だからこその本音と考え方感じ方を共有していたい!
少しでも前向きにそして、自分を変えることができるよう一歩ずつ前進する過程を見せることであなたの背中を押せればいいな~と。
世の中できる人ばかりではないのです。亀のように一歩ずつ、、、それでいいのです!

初めての尾瀬山小屋宿泊。アメニティーあるの?コンタクトは?インターネットつながるの?

アウトドア

山ガールに今頃目覚めつつあるikoです。

 

突然ですが、、、

♪夏がく〜れば思い出す〜

♫遥かな尾瀬〜

♫遠いそら〜

いい曲ですね。

 

曲中の名勝【尾瀬!】


群馬県、福島県、新潟県にまたがっている湿地帯です。

今回は、まだ山小屋を体験したことのないあなたに山小屋の設備やサービス山小屋に泊まって困った!点
を始めて山小屋体験した私が教えたいと思います。

今度尾瀬の山小屋行くけど初めてだから、、、
といった不安を少しでも取り除けるようにお伝えしますね!

山小屋とホテルの違い

山小屋は一般的に山小屋の中にあり、山に入れる期間のみ運営しているため、一年間ずっと営業しているところはないです。つまり、夏のキャンプ場や冬のスキー場と同じくシーズン宿なのです。
それと、山の中にあり電気水道等も全て限られた中で運営してるので、夜は消灯時間が決まっており館内の電気がほとんど消させれしまったり、入浴時間が短いことは当たり前なのです。
年間営業ではないので、営業中に最低限必要なものや設備だけ整っているので、日常生活ですぐに手に入るものが無いこともざらです。

例えば、


○ホテルじゃないからアメニティーグッズなんぞやは無い。

○生理用品や歯磨きセットなんかも基本的に売ってい無い。


そんな、そのちょっと不便な感じや非日常な感じを楽しむのが山小屋です!
ちょっとぐらい不自由でも
自然を満喫しにきたからには山の生活を思いっきり楽しんでみましょう!

用意できるものは持っていけばいいし、忘れたり無かったらまあ、いいかと思える心持ちも大切だったりしますよ。

少しずつ山小屋宿泊のイメージが湧いてきたでしょうか?

山小屋宿泊の基本ルール

*チェックインは遅くても15時(16時)

一般的なホテルや旅館は14時チェックイン開始が多いですよね!?
山はその逆なのです。

14時15時には山小屋にいてほしいくらいです!(店主が言ってた!)

山道は一般的に街灯はなく、山は日が暮れるのが早いです。
旅行で初めてきたような道はいくら整備されていても暗くなってきたら街灯もない道に迷いやすくなります。
最悪、、、救助要請が必要になることも。

*シャンプーや石鹸の利用は控える(禁止になっているところ多い)

山小屋は基本自然の中に建物があって宿泊できる場所として存在しています。
自然に配慮した利用が求められます。
お風呂にはもちろん備え付けのシャンプーやボディーソープはありません。
私も一泊した山小屋では、石鹸使わずに体を流しました。
化粧品のウォータープルーフなどは石鹸ないと落ちづらいので使わないほうがいいです。

*相部屋で寝る

シーズンにもよりますし、山小屋の規模にもなりますが個室が無い山小屋は登山客がみんなで雑魚寝します。
だから注意してほしいことがあります!

個人のプライベートスペースがないので
✔沢山のお金
✔大量のカード
✔必要のない貴重品
は持っていかないことをおすすめします。

男性女性で部屋が別れているところもありますがそうではない場合もあるので、行く際に事前に山小屋について調べて心構えがあるほうが初心者にはいいですよね。
事前に山小屋のホームページみてください!

チェック
*チェックインは遅くても16時
*シャンプーリンス使えないことを知っておく
*山に大量の貴重品を持っていかない

山小屋一泊持ち物どうする?

では大切な持ち物を紹介しましょう!

○必要○

· 登山靴
· アンダーウエア
· 長袖/Tシャツ
· ユニクロのウルトラライトダウン
· レインウェア(上下別タイプ)
· 長ズボン
· 靴下(厚手のもの)
· 帽子
· 着替え
· 手袋
· リュックサック/バックパック
· ザックカバー(リュック用レインコート)
· タオル
· 水筒
· 腕時計
· ガイドブック/地図
· 日焼け止め

〇あると助かる持ち物〇

· シートタイプの化粧落とし
· ビニール袋(部屋の中にもゴミ箱ないです)
· トイレットペーパー(あると何でも使える)
· 健康保険証(万が一に備えて)
· 薬(山の温度差に体調崩す人多い)
· ホッカイロ(寒いときの救世主)
· サングラス(いつもより太陽に近い)

〇持っていく必要のないもの〇

· シャンプー、リンス
· 液体洗顔フォーム、ボディソープ

山小屋宿泊気になる問題

1  コンタクトどうする

私は普段2weeksのコンタクトをしているので夜の洗浄が必要です。
そこで一日分に小分けした洗浄液を持って行きたかったので、
事前に山小屋の主人に連絡をとり使用の可否を聞きました。

洗浄液を利用可能とのことですが、
出来ればワンデイコンタクトやメガネ利用で環境を意識してほしいとのこと。

2 インターネットつながるの?

山道を歩いている間、尾瀬では3大キャリアでもネットは繫がりません。。(2018年現在)
その分、山登りやハイキングに集中できますし、スマホの充電しの減る量が少ないので写真を思う存分撮ることが出来ます。
山小屋には電波が基本的には安定しているので。家族や友達にもLINE電話できますよ。

3 スマホ充電できる?

できます。ただし部屋にコンセントはないので、共有スペースである廊下のコンセントで充電式します。

みんなが歩くところなので盗まれる心配は少なからずありますね。そこは自己責任でお願いします。

どうでしたか?
尾瀬の山小屋は普段の生活とは違った体験を経験できる大自然のテーマパークですね、でも油断禁物!山に来ていることを忘れずに登山&山小屋ルールはしっかり守って楽しい【山小屋ライフ】満喫してくださいね!

コメント